ETCマイレージサービスで高速道路をお得に!ログイン、登録方法、ETC割引き【まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ETCマイレージ

高速道路を走行する際、ETCカードを使って支払いをすれば時間帯や曜日によりETC割引きを受けることが出来ます。

・ETC深夜割引き/30%割引
・ETC休日割引き(地方部)/30%割引

上記に加え「ETCマイレージサービス」に無料登録するだけで下記の割引きも受けることが出来ます。

・ETC平日朝夕割引き(地方部)/利用回数に応じ30%・50%還元

また、ETCマイレージサービスに登録すると通行料金の支払額に応じてポイントがつき、無料通行分への交換が可能!貯めたポイントで高速道路を無料で通行することができます。

損をしたくないあなた必見!ここではETCマイレージサービスへログインや登録方法、各ETC割引の受け方など解説します。

早速、ETCマイレージサービスへログインするならこちら
http://www.smile-etc.jp/

まず、ETC割引を受けるには?

ETC割引

「ETCカードで支払えば割引になるんでしょ?」と思ったあなたはちょっと待って!

ETC割引を受けるには下記が必須になります。

・車にETC車載器が設置してある
・車載器にETCカードが挿入してある
・高速道路で入口料金所をETC無線通信により走行

ETC無線通信により走行が必須になるため「車載器は無いけど、ETCカードで支払をしたい」といった場合は割引を受けることができないため注意してください。

また、各ETC割引を受けるためには車種や割引対象の道路など条件がありますので確認をしてみてください。

ETCマイレージサービスへログインするならこちら
http://www.smile-etc.jp/

ETC平日朝夕割引(地方部)を受けるには?

ETC平日割引

必須条件として、事前に無料のETCマイレージサービスへ登録しておく必要があります。

・割引対象車種:すべての車種
・割引対象日時:平日 朝:6~9時/夕:17~20時 ※月~金(祝日除く)
・割引対象外区間:東京・大阪近郊の区間
・割引対象道路:NEXCO東日本・中日本・西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路

割引内容は?

ETCカードごとに、1ヵ月間の間に割引対象となる利用回数に応じ翌月20日にETCマイレージサービスの還元額として付与。

還元額=無料通行分として利用できます。

・5~9回までの場合:通行料金のうち最大100km相当分を約30%分還元
・10回以上の場合 :通行料金のうち最大100km相当分を約50%分還元

※5回に達しない場合は適用対象外
※複数のETCカードでの合算はできません

通行料金が割引されるのではなく、翌月に還元されるサービスになります。

割引適用するためには?

1)ETCマイレージサービスに登録したETCカードを車載器にセット
2)入口インターチェンジをETC無線通信により走行
3)入口または、出口の料金所を6~9時または、17~20時の間に通過

これにより回数がカウントされます。

なお、利用回数は朝・夕の時間帯の最初の1回に限り適用になりますので1日最大2回のカウントとなります。

それぞれ2回目の走行は割引対象外&利用回数にカウントされませんので注意してください。

平日朝夕割引に関しては、下記のNEXCO東日本のサイトが分かりやすかったので確認をしてみてください。

平日朝夕割引の詳細、利用例はこちら
https://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/etc_dis_weekday/

ETC休日割引(地方部)を受けるには?

ETC休日割引

こちらは対象の車種が限定されています。※マイレージサービスの登録不要

・割引対象車種:普通車/軽自動車等(二輪車)限定
・割引対象日時:土曜日・日曜日・祝日(終日)/毎年1月2日、3日
・割引対象外区間:東京・大阪近郊の区間
・割引対象道路:NEXCO東日本・中日本・西日本(NEXCO3社)が管理する地方部の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路

家族で地方へ旅行や遠出などする際に、平日に行くよりもお得になります。

割引内容は?

ETC通常料金から、地方部区間は30%OFFで料金を計算

※走行距離や割引適用の回数制限などはありません
※入口料金所および本線料金所をETC無線通信により走行していることが前提です。

休日割引の詳細、利用例はこちら
https://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/etc_dis_weekend/

ETC深夜割引を受けるには?

ETC深夜割引

こちらは全ての車種が対象となります。※マイレージサービスの登録不要

・割引対象車種:すべての車種
・割引対象日時:毎日0時~4時
・割引対象外道路:京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路
・割引対象道路:NEXCO東日本・中日本・西日本(NEXCO3社)が管理する全国の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路

0時~4時の間に、割引対象道路を走行していれば割引が適用になるので深夜の移動がお得になります。

割引内容は?

ETC通常料金から、30%OFFで料金を計算

※走行距離や割引適用の回数制限などはありません
※入口料金所および本線料金所をETC無線通信により走行していることが前提です。

深夜割引の詳細、利用例はこちら
https://www.driveplaza.com/traffic/tolls_etc/etc_dis_night/

ETCマイレージサービスに登録するメリットは?

ETCマイレージサービス

上記でご説明の通り、マイレージサービスに登録していない場合に受けられる割引は「休日割引」と「深夜割引」のみとなります。

ETCマイレージサービスに登録すれば下記のメリットがあります。

・平日朝夕割引が受けられる
・利用回数に応じた還元額は、無料通行分に利用できる
・さらに、通行料金の支払額に応じてポイントが貯まる
・貯まったポイントも還元額に交換し、無料通行分として利用できる

つまり、貯めたポイント&還元額を利用して高速道路料金を無料で通行することも可能なのです。

ETCマイレージサービスの登録方法とは?

ETCマイレージサービス登録方法

郵送または、インターネットから登録ができますがここではインターネットを使った登録方法を紹介します。

用意するもの

・登録するETCカード
・利用する車載器(セットアップを済ませておく)
・車載器の車載器管理番号と車両ナンバー

登録手順

1)ETCマイレージサービスの新規登録画面を開く
2)お申込みの前にを確認し、新規登録ボタンを押す
3)利用規約の確認をし、同意する⇒次へを押す
4)下記の申し込み内容を入力

・名前(ETCカードの名義人)
・フリガナ
・生年月日
・ご住所
・電話番号
・車載器管理番号(半角数字:5桁-8桁-6桁)
・車両番号(車のナンバープレートの4桁の番号)
・ETCカード番号、有効期限
・ポイント自動還元サービス(希望する/しない)
・ポイント残高のお知らせ通知
・メールアドレス
・希望するお知らせメールの選択

5)入力後、次へを押す
6)入力内容の確認をし、次へ
7)登録完了

以上が登録手順となり、約1週間程度で「マイレージID・パスワード」を記載した登録完了のお知らせが郵送にて登録住所宛に届きます。

インターネットで申し込んだ場合は、申し込み当日の利用額からポイントが付与されます(ETCマイレージサービスを利用できます)ので安心してください。

ETCマイレージサービスの新規登録はこちら
http://www.smile-etc.jp/mlgtouroku_service.html

ETCマイレージサービスの注意点は?

主な注意点は、

・ポイントには有効期限がある
・道路によって還元額に交換できるポイント数が違う
・自動還元サービスでポイントを還元額に交換すると損することも!

こちらの3つになります。

ポイントの有効期限とは?

貯まったポイントは、還元額に交換することで高速道路の無料通行分として利用が出来ます。

つまり交換しないと無料通行分として使えない&勝手に消滅してしまうため注意が必要になります。

ポイントの有効期限は、ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末(3/31)となり、最長2年間合算して貯めることができます。

ですが、平成30年3月20日に付いたポイントは、平成31年3月末までの交換となり有効期限は1年間になりますので注意が必要です。

また、ポイントは走行した翌月の20日に付与されるため、平成31年3月に走行した分は4月20日に付与されるので次の年度分となり有効期限を迎えるポイントと合算して交換することはできません。

「毎年3月末に期限が切れるポイントがある」と思っておくと交換の目安になります。

期限が切れる=損になりますので必ず期限内に交換するようにしましょう。

ちなみに、交換した「還元額」には「有効期限がない」ためある程度貯まったポイントはこまめに交換しておくと安心です。

交換できるポイント数が違うとは?

まず、付与されるポイントは

1)道路事業者ごとに貯まる
2)道路事業者ごとに貯まるポイント数、付き方が違う
3)異なる道路事業者間でのポイント合算は不可
4)走行の翌月20日に、走行ごとに付与

という条件で貯まります。

例えば、
・NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社は、10円につき1ポイント
・阪神高速道路株式会社は、100円につき3ポイント+月間利用額に応じ加算ポイント
・福岡北九州高速道路公社は、100円につき1ポイント+月間利用額に応じ加算ポイント

など道路事業者により異なります。

これにより、還元額へ交換するポイント数も道路事業者により異なります。

・NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社の場合

1000ポイント⇒500円分
3000ポイント⇒2500円分
5000ポイント⇒5000円分

※5000ポイントまで貯めるのが一番お得!

・阪神高速道路株式会社の場合

100ポイント⇒100円分

・神戸市道路公社の場合

200ポイント⇒100円分

など。

交換するポイント数は異なりますが、還元額へ交換した後はどの道路でも共通して無料通行分としての利用が可能です。

ポイントの付き方の詳細はこちら
http://www.smile-etc.jp/service/point.html

還元額への交換の詳細はこちら
http://www.smile-etc.jp/service/kangengaku.html

自動還元サービスが損をする理由は?

給付金受取り方法

貯まったポイントは、下記の方法で交換ができます。

・インターネットにて、マイページから手動で交換
・自動還元サービスで交換
・自動音声ダイヤルで交換(050-2015-1010)
・ETCマイレージサービス事務局へ電話で交換(0570-010125または、045-477-3793)

自動還元サービスは、所定のポイントが貯まった時点で自動的にポイントを交換してくれるサービスなので「うっかり忘れ」によるポイント失効が無くなり便利です。

こちらはETCマイレージサービスを申込む際に、自動還元サービスを希望する・希望しないの選択をしますがこちらは後ほどマイページへログインをした後でも変更が可能です。

ですが、損をする可能性があるので下記の点を気をつけてください。

・ポイント数が自動交換単位にならないと交換できない

つまり、達していない分のポイントは有効期限内に自分で交換をしておかないと失効してしまうということです。

自動還元サービスを利用しつつ、有効期限内に自分で交換をしないと結果的に「損」をしてしまうので、毎年3/31はETCマイレージサービスを開くクセをつけておくと安心です。

ポイントはログイン後のマイページにて可能です。

自動還元サービスの詳細はこちら
http://www.smile-etc.jp/jido_kangen_exp.html

手動でポイントを還元額へ交換する方法は?

ネットから交換する方法はカンタンです。

1)ETCマイレージサービスのマイページへログイン
2)マイページ上部にある「ポイント交換」をクリック
3)希望のポイント数を入力し、ページ下部の「次へ」をクリック
4)画面の内容を確認し、ページ下部の「ポイント交換」をクリック
5)ポップアップの内容を確認し、「OK」をクリック

以上で交換ができます。

ポイントは毎月20日に先月分が付与されますので、確認をしてみてください。

還元額への交換の詳細はこちら
http://www.smile-etc.jp/service/kangengaku.html

まとめ

新規登録方法

ETC割引を受ける方法は、

・ETCカードを持っている
・車載器を持っている(セットアップを済ませる)
・車載器にETCカードを挿入し、入口インターチェンジでETCレーンを走行する

という3点を満たせば受けることが出来ます。

受けられるETC割引は、

・ETC深夜割引き/30%割引
・ETC休日割引き(地方部)/30%割引
・ETC平日朝夕割引き(地方部)/利用回数に応じ30%・50%還元

の3種類がありますが、平日朝夕割引を受けるためには「ETCマイレージサービス」に事前に登録を済ませておく必要があります。

ETCマイレージサービスとは、

・登録無料
・ネットまたは郵送で登録OK
・ネットなら、登録した当日から割引が適用
・ETC通行料金ごとにポイントが貯まり、還元額(無料走行分)へ交換OK
・ETC平日朝夕割引きが受けられる

といった、高速道路でETCを利用している人が入らないともったいないサービスです。

登録のために必要な情報は下記の通り。

・お名前
・生年月日
・ご住所
・電話番号
・ETCカード番号及び有効期限
・車両番号(ナンバープレートの4桁)
・車載器管理番号(ETC車載器の19桁)

本人名義のETCカードで、本人の名前で登録が必要になります。

登録後は、ログインをしマイページにてポイントや還元額の残高、利用履歴などが確認できます。

注意点は、

・ポイントには有効期限があり(最大2年)過ぎると失効する
・道路ごとにより貯まるポイント、交換のために必要なポイントが異なる
・自動還元サービスもあるが、交換ポイントに達していない分は自分で交換が必須

と言う点です。

ちなみにポイントを還元額に交換してしまえば有効期限がありません。

以上がETC割引とETCマイレージサービスのまとめになります。ETCカードを持っているなら早速登録してみてください。

ETCマイレージサービスはこちら
http://www.smile-etc.jp/

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る