申告・手続き

確定申告を忘れた人必見!還付申告なら期日を過ぎても大丈夫!確定申告のやり方

還付申告

平成29年分の確定申告の期日は、2018年3月15日(木)まででした。

ですが、医療費控除や住宅ローン控除といった所得税を返してもらう「還付申告」であれば期日を過ぎても遡って税金を返してもらえる為、なんら問題がありません。

3月15日までの期日が儲けられているのは納付すべき所得税額がある人が対象になります。

年末調整が済んでいて別途で所得税を返してもらいたい人は5年間いつでも還付申告が可能です。

続きを読む

ふるさと納税をした人必見!寄附金控除の申請方法と確定申告のやり方

寄附金控除

1年中寄付が出来るふるさと納税ですが、平成29年中にふるさと納税をしワンストップ特例制度を利用しなかった人は自分で確定申告が必要になります。

また、ワンストップ特例を利用しても元々確定申告が必要な人や確定申告をする予定がある人は、ワンストップ特例は利用できず確定申告にて寄附金控除の申請が必要です。

寄附金控除には、政治活動に関する寄附金や認定NPO法人などに対する寄附金、東日本大震災に係る義援金なども該当しますがここでは「ふるさと納税」に関する寄附金控除について紹介します。

続きを読む

住宅ローン控除の必要書類と確定申告方法、還付金の計算方法とは?

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、

・マイホームを購入した(新築、取得)
・中古住宅を取得した
・増改築等をした

といった時に、住宅ローン等を利用し一定の要件を満たした個人が受けられる控除が住宅借入金等特別控除いわゆる「住宅ローン控除」になります。

ここでは、初めて住宅ローン控除をする人(1年目)の人を対象に確定申告の方法や必要書類、還付金のシミュレーションなど解説します。

続きを読む

セルフメディケーション税制と医療費控除の違いや確定申告方法

医療費控除の対象・対象外

今年の確定申告は3月15日(木)までに申告が必要ですが、平成29年分以降の所得税について、医療費控除の適用を受けるための手続きが改正されました。

ひとつは、医療費の領収書の提出が不要になり、明細書の作成&提出が必要になったこと。
そしてもうひとつは、セルフメディケーション税制が追加されたことです。

医療費控除を受ける場合は、今まで通り「医療費控除」を選ぶか「セルフメディケーション税制」を選ぶかの2つの選択肢よりどちらかを選ぶことが可能になりました。

ちなみに両方の適用はできません。

ここではセルフメディケーション税制と、従来通りの医療費控除の違いや確定申告方法について紹介します。

続きを読む

医療費控除の対象・対象外や計算方法、申請用紙と確定申告のしかた

医療費控除の確定申告

医療費控除を受けたい場合は、5年間の間に確定申告をすることで所得控除の対象となり「還付金」としてお金が戻ってきます。有効期限が5年間あるので3月15日に間に合わなかった人も安心です。

ですが、誰もが医療費控除を受けられる訳ではありません。
では、どういった人が医療費控除を受けられるのでしょうか?

ここでは、医療費控除を受けるための条件や、対象・対象外となるものと計算方法、申請用紙や確定申告のやり方について紹介します。

続きを読む

青色申告と白色申告の違いとメリット・デメリット確定申告の方法

消費税等の確定申告をする人

あなたが個人事業主やフリーランスで働いている場合、確定申告が必要になり「青色申告」または「白色申告」のどちらかを一緒に行う必要があります。

・青色申告=控除が受けられるが、少し手間が掛かる
・白色申告=控除はないが、青色より簡単

といった違いがあり、節税対策を行いたいのなら青色申告一択となりますが、新規業務を開業した際や白色申告から青色申告に変更する際に「青色申告承認申請書」を税務署へ提出している必要があります。

ここでは、青色申告と白色申告の違いやメリット・デメット、確定申告のやり方など紹介します。

続きを読む

【国税庁】e-Tax(イータックス)を使った確定申告のしかた【平成29年分】

e-Tax

e-Tax(イータックス/電子申告)は確定申告書を作成・提出する方法の一つで、税務署に行かずにパソコンで申告書の作成&ネットから申告書の提出ができる方法です。

・手書きで作成不要
・自宅でいつでも作成OK
・プリンター不要!郵送も不要!
・税務署へ行く時間がない人もネット提出OK!

などなど、忙しい人にピッタリな申告方法で国税庁の「確定申告書等作成コーナー」のサイトよりアクセスし、誰でもカンタンに無料で利用することが出来ます。

ですが、e-Taxを利用するには事前準備が必要!実は直ぐに使えるわけではないんです。
ここではe-Tax(電子申告)の事前準備や申告方法、使い方や必要書類について解説します。

続きを読む

【2017年分】確定申告のやり方と必要な人、医療費控除、住宅ローン控除、ふるさと納税

確定申告書

平成29年度分の確定申告は、2018年2月16日(金)~2018年3月15日(木)までに申請・納税が必要です。個人事業主の消費税(地方税)は、2018年4月2日(月)までです。

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間に生じた全ての所得金額と所得税及び復興特別所得税を計算し、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を清算する手続きです。

多く納めていた場合は「還付」としてお金が戻って来ます。
足りなかった場合は「納税」としてお金を納める必要があります。

通常、1箇所で働いていて年末調整を行っている人は確定申告の必要はありません。

「まだ先か~」と安心せずに、準備をしておくとスムーズに確定申告ができます。早速確認していきましょう。

続きを読む

【国税庁】確定申告書等作成コーナーの入力方法と入力例(平成29年分)

確定申告書等作成コーナー

平成29年分の確定申告は、2018年2月16日(金)~2018年3月15日(木)までに申請・納税が必要です。また、個人事業者の消費税及び地方消費税は2018年4月2日(月)までとなります。

確定申告は税務署でも出来ますが、混み合いますし時間も掛かります。

そこで国税庁の確定申告書作成コーナーから行えば、画面の案内に従って金額等を入力するだけで自宅のパソコンで簡単に申告書の作成が可能です。

提出もe-Taxを使っての電子申告や、印刷をして郵送などで提出することができます。

では実際にどうやって入力をしていけばいいのでしょうか?ここでは確定申告書等作成コーナーの入力方法と入力例を紹介します。

続きを読む

仮想通貨、ビットコインの税金は?確定申告する人しない人とその方法

ビットコイン

2017年から仮想通貨での取引が盛り上がり「億り人」と呼ばれる1億円以上を稼ぐ投資家(プレイヤー)が次々と誕生し話題になっています。

テレビCMなどでも「ビットコイン」と呼ばれる仮想通貨の名前をよく耳にするようになり「一度取引してみたい!」と思った人も多いのではないでしょうか?

ですが、よく分からない状態で仮想通貨取引を始めてしまい、いざ確定申告をする際に「損」をしてしまうことも大いにありえます。

ここでは、ビットコインなどの仮想通貨に関わる税金や確定申告について紹介します。

続きを読む