ETC利用明細、領収書の発行は?ETC利用照会サービスログイン&利用方法

ETC利用明細

高速道路や有料道路を通行する際、現金で料金所を通過すればその場で領収書がもらえますがETCで料金所を通過すると領収書の発行がありません。

一般のご家庭でしたら特に問題はありませんが、会社などの仕事関係で高速道路を利用し通行料金を請求したい場合に領収書が発行されないのは困ります。

「ETCを使わずに、現金で支払えばいいのでは?」

と思う人も居るかも知れませんが、ETCカードを利用すればマイレージを貯めることもできますし、なりより停止する事無く通過するだけでいいので便利です。

ではどうすればいいのか?

実はETCカードを利用している人でも領収書(利用明細書)を発行する方法が3つあります。

ここでは3つの方法を詳しく解説していきたいと思います。

続きを読む

ETCマイレージサービスで高速道路をお得に!ログイン、登録方法、ETC割引き【まとめ】

ETCマイレージ

高速道路を走行する際、ETCカードを使って支払いをすれば時間帯や曜日によりETC割引きを受けることが出来ます。

・ETC深夜割引き/30%割引
・ETC休日割引き(地方部)/30%割引

上記に加え「ETCマイレージサービス」に無料登録するだけで下記の割引きも受けることが出来ます。

・ETC平日朝夕割引き(地方部)/利用回数に応じ30%・50%還元

また、ETCマイレージサービスに登録すると通行料金の支払額に応じてポイントがつき、無料通行分への交換が可能!貯めたポイントで高速道路を無料で通行することができます。

損をしたくないあなた必見!ここではETCマイレージサービスへログインや登録方法、各ETC割引の受け方など解説します。

続きを読む

楽天トラベルで宿泊予約!お得なクーポンと安く泊るための裏技

楽天トラベル

旅行や出張など、宿泊先のホテルや旅館を探す際、楽天トラベルから宿泊予約をするとお得に泊れることを知っていますか?

宿泊料金の比較をするのであれば、トリバゴやトラベルコちゃんといった料金比較サイトもありますが、最終的にホテルや旅館を予約するのは楽天トラベルなどの予約サイトになります。

そして比較した後の料金が、じゃらんや一休など他の予約サイトのほうが安かった場合でも、楽天トラベルから予約をしたほうが安くなることがあります。

それはある裏技を利用して楽天トラベルから予約すれはいいのです。

ここでは楽天トラベルを使った安く宿泊するための裏技やクーポン情報楽天トラベルスーパーセールなどについて紹介します。

続きを読む

ヤマト運輸の追跡はお問合せ番号があればOK!確認方法と見方

荷物お問合せシステム

「宅配便の荷物はいまどこにあるのか?」
「いつになったら届くのか?」

インターネットで商品の購入が気軽に出来る時代ですが、配達指定ができない場合や不在や予定などがある時、早く欲しい場合など荷物の現在地はとても気になりますよね。

ヤマト運輸(クロネコヤマト)で届けられる荷物を追跡するには「お問合せ伝表番号」があれば簡単に荷物の状況を知ることが出来ます。

続きを読む

結婚式の招待状返信メッセージやイラスト書き方【マナーや例文まとめ】

結婚式招待状

結婚式の招待状が届くと、ついつい返信するのが遅くなってしまうことってありませんか?

招待状の中には「○○日までに返信をお願いします。」といった期限が記載されていますが、新郎新婦は準備のために出来るだけ早く人数を知りたいと思っているものです。

・2~3日以内に返信
・遅くても1週間以内に返信

といった風になるべく早く返事をするのがマナーです。

ですが、実際返信する内容に時間が掛かってしまうのがこの結婚式の招待状の困った所です。そんなあなたに!ここではメッセージの例文や書き方、流行のイラストアートなどを紹介します。

続きを読む

確定申告を忘れた人必見!還付申告なら期日を過ぎても大丈夫!確定申告のやり方

還付申告

平成29年分の確定申告の期日は、2018年3月15日(木)まででした。

ですが、医療費控除や住宅ローン控除といった所得税を返してもらう「還付申告」であれば期日を過ぎても遡って税金を返してもらえる為、なんら問題がありません。

3月15日までの期日が儲けられているのは納付すべき所得税額がある人が対象になります。

年末調整が済んでいて別途で所得税を返してもらいたい人は5年間いつでも還付申告が可能です。

続きを読む

ふるさと納税をした人必見!寄附金控除の申請方法と確定申告のやり方

寄附金控除

1年中寄付が出来るふるさと納税ですが、平成29年中にふるさと納税をしワンストップ特例制度を利用しなかった人は自分で確定申告が必要になります。

また、ワンストップ特例を利用しても元々確定申告が必要な人や確定申告をする予定がある人は、ワンストップ特例は利用できず確定申告にて寄附金控除の申請が必要です。

寄附金控除には、政治活動に関する寄附金や認定NPO法人などに対する寄附金、東日本大震災に係る義援金なども該当しますがここでは「ふるさと納税」に関する寄附金控除について紹介します。

続きを読む

住宅ローン控除の必要書類と確定申告方法、還付金の計算方法とは?

住宅ローン控除

住宅ローン控除とは、

・マイホームを購入した(新築、取得)
・中古住宅を取得した
・増改築等をした

といった時に、住宅ローン等を利用し一定の要件を満たした個人が受けられる控除が住宅借入金等特別控除いわゆる「住宅ローン控除」になります。

ここでは、初めて住宅ローン控除をする人(1年目)の人を対象に確定申告の方法や必要書類、還付金のシミュレーションなど解説します。

続きを読む

セルフメディケーション税制と医療費控除の違いや確定申告方法

医療費控除の対象・対象外

今年の確定申告は3月15日(木)までに申告が必要ですが、平成29年分以降の所得税について、医療費控除の適用を受けるための手続きが改正されました。

ひとつは、医療費の領収書の提出が不要になり、明細書の作成&提出が必要になったこと。
そしてもうひとつは、セルフメディケーション税制が追加されたことです。

医療費控除を受ける場合は、今まで通り「医療費控除」を選ぶか「セルフメディケーション税制」を選ぶかの2つの選択肢よりどちらかを選ぶことが可能になりました。

ちなみに両方の適用はできません。

ここではセルフメディケーション税制と、従来通りの医療費控除の違いや確定申告方法について紹介します。

続きを読む